1月 25

世界一孤独なクジラ!一人ぼっちで歌い続ける『52』探査プロジェクト

1989年に初めてこのクジラの鳴き声が観測されてから25年が経っていますが、クジラの寿命は50~100年と言いますので、まだまだこれから、この52と名付けられたクジラは私たちに話題を提供してくれるのかもしれません。
鳴き声だけが出会いの方法だとしたら無理かもしれませんが、いつか家族で連れ立って泳ぐ52を見ることができたなら多くの人に癒しを与えてくれるんだろうなぁと思います。

…配信元を読む

公開日:

wl

クジラは広い海の中で歌うことで
コミュニケーションをとっていることが知られています。
ところが、他のクジラとは異なる周波数で歌っているため
どんなに歌っても他のクジラに応えて
もらえない唯一のクジラが実在しています。

 

一人ぼっちで歌い続ける世界一孤独なクジラの名は、『52』…
なんだかロマンチックな響きですが、
このクジラの姿を撮影しよう!という
プロジェクトが立ち上げられました。

SPONSORED LINK

『52』の名前の由来は?

一般のクジラは12~39Hzという周波数で歌います。
この周波数は種類ごとに異なっており、
周波数が一致したクジラとコミュニケーションをとりながら
広い海を泳いでいます。

 

世界一孤独なクジラの歌は、なぜか52Hzです。
52Hzの周波数から、『52』と呼ばれています。

 

『52』の歌の周波数は他のどのクジラとも異なるため
他のクジラには聞こえない、聞こえていても
何を言ってるのか分からないため
どんなに歌っても応答してもらえないのです。

ホントにいるの?

『52』の歌声が初めて観測されたのは1989年。
それ以来何度も歌声が確認され続けています。

 

それって他の生き物とか船の音じゃないの?という
疑問が出てくるところですが、『52』の歌声が聞こえる
期間は夏から冬にかけてのみです。

 

クジラは冬に向かってアリューシャン列島付近に移動して
繁殖のための栄養補給をしますが
この時期になると観測エリアからはずれます。
『52』の歌声も、他のクジラと同じ時期に
聞こえなくなる(拾えなくなる)ことから
『52』は間違いなくクジラであると思われます。

なぜ違う周波数で歌うのだろう

これまで観測された行動パターンなどから、
『52』はシロナガスクジラか、ナガスクジラだろうと
考えられています。
シロナガスクジラの歌声の周波数は
ものすごく低いですから、そりゃ応えてもらえまい。

 

どうして一人だけ違う周波数で歌っているのか。
これについては解明されていませんが
考えられることは

 

 ・聴覚に障害があって、他のクジラの周波数に
  あわせることが出来ない

 ・シロナガスクジラと他のクジラの混血

 ・声を出す器官に何か障害があって
  その周波数しか出せない

『52』に会いたい!プロジェクト

これまで存在だけは確認されていながら
誰もその姿を見たことがなかった世界一孤独なクジラ『52』。

 

歌声の主を追跡調査したことがなかったため
声はすれども姿は見えずだったわけですが
映画製作者のジョシュ・ゼマン氏と
俳優のエイドリアン・グレニアー氏が『52』探索プロジェクトを
発足して、クラウドファンディングKickstarterにて支援を募っています。

kujira

『52』を見つけたら識別タグをつけて
その歌声の分析をする目的だそうですが、
探査の行程を映像化するとも言ってますから
商売っ気も満々ですわな。

 

それでも、『52』がどんなクジラなのかには
少なからず興味がわきます。

 

世界一孤独なクジラは、誰にも聞こえない歌を
歌いながら大海原を気楽に旅しているのだ
という意見もあります。

 

でも、クジラが歌うのはコミュニケーションを
とる必要を感じているからだと思うのです。
クジラは種類によっては集団行動するものもありますが
基本的には単独行動の生き物です。

 

クジラの歌は数百キロ先まで聞こえるそうです。
周りに仲間が見えなくても歌声に呼応する声があれば
孤独を感じずに済むのかも知れません。

 

『52』にはそれが出来ない。

なんかそれって、むちゃくちゃ寂しいと思いませんか(涙)

 

 

天涯孤独な鯨「52ヘルツ」を探す監督現る。動機は…

天涯孤独な鯨「52ヘルツ」を探す監督現る。動機は… 1

天涯孤独な鯨の物語」で紹介した、1頭だけ周波数が違う鯨「52ヘルツ」。あの鯨を探してドキュメンタリー映画を撮るプロジェクトが立ち上がりました。

キックスターターで探査資金を集めているのは、ジョッシュ・ジーマン監督、俳優エイドリアン・グレニアーたち3人組。

鯨を見つけたら音声センサをタグ付けする計画で、20日間の太平洋探査にかかる費用として30万ドル(約3500万円)を集めるのが目標です。目標額に達しなければ探査は断念します。10日から1週間で600人以上から850万円以上集まっていますが、残り22日でどこまでいけるのは微妙なところですね。

「人間にはちゃんと聞こえてるよ! ひとりじゃないよ!ということを伝えたい」という出資者たちのアツい思いはわかるのだけど、伝達手段もわかりませんしね。仮に見つけても「きみ誰?」って言わちゃいそう。その辺のことをGandDailyがずばり、ジーマン監督(40)に取材してますので、抄訳でどうぞ。

鯨は別に探して欲しくないのかも。そう真っ先に思ったが、監督は「彼(鳴く鯨はオスだけらしい)が望んでもいないのに、いきなり目の前に出てハグしようなんて思ってないよ。どちらかというと、探すのは人間のためかな」と話していた。

「人間のため」って、なんだかひとりよがりだなあと最初は思ったが、以下の監督の話を聞いてなるほどと思った。

「なんて孤独なんだって意気に感じる人もいれば、孤独を楽しんでると思う人もいる。彼は人の心を揺さぶる存在なんだ。中には今のテクノロジーとソーシャルメディアに囲まれた暮らしに対する警鐘だって言う人もいる。かつてないほど人は人とつながって、絶えずコミュニケートしてるのに、実は誰も相手の話を聞いてない、気にすら止めていない、っていうね」

鯨は人間同様、ソーシャルな生き物で、仲間を求めて鳴く声は大海原を渡り3,000マイル(4,828km)先まで彷徨うのだという。

「孤独なこと、呼べど叫べど誰にも届かないこと、これは人間にとって一番怖いこと。人間はソーシャルな生き物だけど、鯨も同じ。鯨には愛し、憎み、輪の中に加わることを可能にする紡錘細胞が備わっているんだ」(監督)

アメリカでは「52」というアルバムを出した歌手、「52ヘルツ」という彫刻をつくった人、「52」の歌声を中古テープに録音して聞いてるミュージックプロデューサー、ツイッターアカウントつくる人までおり、孤独な鯨に共鳴する人は数多い。

監督自身、「52」の話は、彼女と別れて辛いときにアーティストの友だちから聞いて知った。「あの鯨は別れた傷を癒やす何よりの薬だね」と語っている。

…な、なんだ、そういうこと…。

source: GantDaily

(satomi)

 

以下は、キックスターターというアメリカのクラウドファウンディングのページです。
30万ドルのところ、40万ドル以上集まっていますので、無事キックスタートされたようですね。

■発見する為のプロジェクト始動!

映画制作者のジョシュ・ゼマン氏が【世界一孤独なクジラ】の発見を目指すプロジェクト

太平洋でこのクジラを見つける探査プロジェクトのため、資金調達サイト「キックスターター」で資金集めに着手した。

 

 

…配信元を読む

Help Find the Lonely Whale with Adrian Grenier & Josh Zeman

About this project

$405,937

3,833

Latest Kickstarter Update: Starting tomorrow Adrian & Josh will be on DeviantArt to engage with all of you about the film and it’s deeper message. Join us there, let’s have some fun together. Invite your friends to join you by sharing on Facebook.

Building on the works of William Watkins & dedicated to Ocean Preservation.

The Lonely Whale is believed to have spent his entire life in solitude.

The Lonely Whale’s ‘Entourage’.
A VICTORY from Johnny Drama?

This photo is still processing

Check back in a few minutes!

Movie Poster by Shepard Fairey

The Loneliest Whale in the World.

Despite his efforts, he receives no reply.

CLICK HERE to show your support for Ocean Preservation & the Lonely Whale by pledging for one of our exclusive rewards. We cannot do it without you.

 He dedicated his life work to ’52’.

Dr. William A. Watkins | A pioneer in marine mammal acoustics.

It all started 26 years ago.

CLICK HERE to hear the 52 Hz sound. On average these tones had a center frequency of 51.75 Hz and lasted 5-7 sec. These tones are usually produced in groups of 2-6 and were recorded in the NE Pacific. (The recorded signal has been sped up 10 times) 

 No one has ever attempted to do this.

  We too are struggling to be heard.

 

 

 

それで、見つかったのでしょうか?まだ、見つかってなさそうですね。

 

…配信元を読む

The Lonely Whale  —kickstarter Blog

For decades, a solitary whale has been calling out across the ocean, never receiving a reply. It’s believed to be the only whale of its kind: an unknown species, perhaps a blue whale hybrid. The frequency of its 52-hertz voice is too low for other whales to hear.

While other whales may be deaf to its cry, humans are listening. Since a 2004 New York Times article first brought the story of the Lonely Whale into the public consciousness, it has gathered something of a movement around itself. It seems more myth than creature — both a fascinating story with a mysterious protagonist, and a place to project your own feelings of isolation.

The zeitgeist surrounding the whale, known as 52, even extends to Kickstarter. In 2011, a guy named Mike Ambs started making mixtapes of the whale’s song and distributing them, a few at a time, to Kickstarter backers. One of those backers was Josh Zeman, who, with Adrian Grenier, is now developing a documentary called 52: The Search for the Loneliest Whale. The film will chronicle a 20-day expedition, taking their team 400 miles off the coast of California out into the open ocean — all in pursuit of a whale that nobody has ever seen.

“It resonated with me because the story is so dynamic,” says Grenier, the film’s Executive Producer, about the narrative. “Beyond the documentary, the film will be a rally call. We’ll have a community that we can tap into for other ocean work and other stories. And we can help the lonely whale speak to a larger audience.”

Seeking a lone creature across the vast sea is both audacious and familiar. “The search for an individual unique whale is one that’s very common in our culture,” Zeman says. “The greatest piece of American literature is the search for a whale, but it goes beyond that.” The appeal is not just canonical, but also emotional. “The whale is just a metaphor for the human connection that so many of us are searching for, so that’s why it’s important to me. I’ve learned more about human beings from a whale than from hanging out with other human beings.”

“I don’t know if I could say that I relate to it — I just thought it was a beautiful, strange, fascinating story that was just vague enough that people projected onto it,” says Ambs, who’s had a lifelong fascination with whales. “When I was really young, I was flipping through the kids’ magazine Ranger Rick, and there was a centerfold spread of facts about blue whales: human adults can swim through their major arteries, and their hearts are the size of a van.”

How then is it so common for people to relate to this creature, when it’s so different and so unimaginably huge? “They say that when you think about a whale, it’s just so giant that it really humbles you as a human being,” says Zeman. “So suddenly your heart is very open in the face of this other creature.”

He sees the way this whale’s story affects people all the time. “I was talking to one person about it and I told her about it, and suddenly her arms went all goosebumped and she started to cry. Like literally right there. It also happened with a journalist just two days ago.”

Besides, the human connection to whales through audio goes back a long way. “In the 70s the album Songs of the Humpback Whale was one of the number one selling nature albums,” Zeman says. “But here is this other 52-hertz whale, and it doesn’t really sound like you’d think a whale sounds. It sounds like this really weird kind of spooky thing.”

Upon discovering the story in 2004, Ambs recalls seeking out a recording immediately (a limited number of his mixtapes of the recording are available as rewards through the documentary project). “It’s a very calming sound. I don’t know if other people feel that way. When I first heard it, I kept wanting to hear it.”

Zeman carries with him a CliffsNotes copy of The Odyssey. He and Grenier are realistic about the challenge of finding one specific whale in an ocean, but they’re optimistic, even excited. “Every film I’ve ever been a part of is a crazy idea, or, ‘Oh yeah that sounds nice but it will never happen.’ But it’s important that we as humans dare to imagine the impossible, and then go out and make it possible.”

Ambs is conflicted. “I’d be scared to come face to face with it a bit because it is such a symbol,” he says. “Still, it’d be a hell of a story to find it.”

For more information, or to support the effort to find 52, visit the project page here.

保存

コメントを残す